このまま
持ち続けていても、
何か意味はありますか?
ひとつの土地・建物を複数人で所有している場合、全員の同意を得て売却することは非常に困難です。その為、放置されがちな、共有持分。
持分のみでの売却は可能ですが、購入者が使用できるとは限らないため、流通性が低く、結果として、資産価値がとても低くなることが多いのです。
そこで私たちはお客様から購入した持分を取得した場合、根気よく共有者の方々と話し合いを続け、共有者全員が納得する提案をさせていただいております。

共有している親族と話がこじれてしまい、意見がまとまらない

相続が発生すると、更に相続人が増えて、共有者が増えてしまう

自分の持分だけでも売却して、現金化したい。